スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

 
幼き頃の舞と竹ぼうき。時々ウコッケイ続き


昨日の続きです。


その日から
あたしとピースケは家族になった。

学校にいる時以外いつも一緒だった。

ピースケもあたしにめちゃくちゃ懐いてて

常にあたしの後ろをトコトコ付いてきてたし

あたしが学校から帰ると、ダッシュであたしに駆け寄り、それはもう嬉しそうにしていた。



もちろん
空飛ぶ練習だって忘れてない。


あたしたちは二人三脚ならぬ

一人と一羽で

やはり
来る日も来る日もホウキにまたがった。




そうこうしているうちに
今度はクリスマスがやって来た。




のりこがくれたクリスマスプレゼントは






main.jpeg





デッキブラシ。




映画の中で

飛べなくなったキキが再び飛べるようになった時にまたがっていた

デッキブラシ。


あたしは
これなら飛べるかもしれない!!!


と希望に胸を膨らませ
のりこに感謝した。









がしかし




事件は起きた。



ある日、いつものように家に帰ると

ピースケの姿がない。


普段なら
あたしの声が聞こえた瞬間に、どこにいてもダッシュで駆け寄ってきてくれるのに。

いない。どこ探してもいない。




あたしは探しまくった。

声が枯れるまでピースケの名を呼んだ。




だけどピースケは見つからない。




泣きながらピースケを探していると


ばあちゃんが
何やら沢山の買い物袋を下げて上機嫌で帰ってきた。


あたしはすぐにばあちゃんにすがった

『ばあちゃん!ピースケがおらんくなった!どこにおるかしらん?!』




するとばあちゃんはとんでもない言葉を口にした。













『かえっこしたよー。』


img20130720_170312.jpg





なんとばあちゃん。

あたしの大事な大事なピースケを

村に一軒しかない久屋商店(田舎によくある日用品やさん)で

日用品と物々交換してきていたのだ。


(ちなみに私が暮らしていた村では

農家の人の野菜、漁師の人の魚などを普通に物々交換して生活したりしてます)


そのサイクルに

ピースケが巻き込まれたのだ





だけど無力な小学校1年生のあたしは
ピースケを助け出すことが出来なかった。





唯一の救いは

ピースケがメスだったこと。

ウコッケイの卵は高級で栄養満点のため重宝され、久屋商店のおっちゃんに大切に育てられた。

もしピースケが名前通りオスだったら



確実に鍋にされてた。




相棒を失い、同時に気力も失った幼いあたしは

その日から

ホウキにまたがるのをやめた。








以上です。




ってことで←?


小さい頃
夢見ていた


あの

魔女の宅急便の世界を


この目で見てきます!


現地に行ったら飛べるかな?









舞なら飛べる!いや舞える!舞だけに!なポチッとお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
【2013/07/22 06:12】 | 世界一周準備中 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<ありがとう☆よにんリポート!東京のどこかで会いましょう♪ | ホーム | 幼き頃の舞と竹ぼうき。時々ウコッケイ>>
コメント
僕はお婆ちゃんをぜったいに許さない(`;ω;´)
【2013/07/24 22:24】 URL | よっしー #-[ 編集] | page top↑
よっしー

同志!!!(`;ω;´)
【2013/07/25 01:38】 URL | ☆佐々木舞☆ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://maimytrip.blog.fc2.com/tb.php/75-583b74f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。