スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

 
【ご報告】チンボラソから戻ってきました。


ただいま戻ってきました。





ご報告です。






5300mでリタイアして帰ってきました。





リタイア理由は天候です。



ですが、もし天候が良くてもあと一時間程で限界が来ていたと思うので
どっちにしてもリタイアでした。






チンボラソはキリマンジャロに比べて



山の質が全然違います。



完全にプロ向けです。




結局私は4800mからのアタックだったんですが


5000mに届く前からすでに

キリマンジャロのファイナルアタックよりしんどかったです。



今ならわかります。

チンボラソに登りたい!と申し込みに行った時に

『キリマンジャロに登ったくらいじゃ話にならない。』
と断られる理由が。






まず、


道がない。

足場がめちゃくちゃ悪い。
グラグラする岩場か、さらさらの土、もしくは雪の上。
しかも
信じられない位の急斜面が延々に続きます。
ひどい時は急斜面すぎて四つん這い状態です。

そして、いきなり5000m近くからのアタックなので
高山病がひどい。
頭が痛い。頭が締め付けられて脳みそが爆発しちゃうんじゃないかってくらい痛い。
まっすぐ歩けない。吐き気。
心臓の鼓動。息ができない。



頂上のことなんて一瞬で頭からなくなる。
残るのは『早く山を降りたい。』ただそれだけ。






今回の登山者は私を合わせて30人。





私はあらかじめガイドのケビンに

『舞以外は全員ベテラン、もしくは山に慣れた登山者ばかりだ。キリマンジャロは散歩位にしか思っていないような人達ばかりだ。舞とはレベルが違う。
絶対にペースを惑わされないように。』

と注意を受けていました。





そんなベテラン揃いでも
5000mを過ぎたあたりから続々と引き返す程過酷な山でした。











私がリタイアすることになった5300m地点での話。
登り始めて4時間半がたっていました。



両側が崖のようになった細い道を歩いていました。
まっすぐまえだけを見て歩かないと、怖くて足がすくむ程の高さでした。





慎重に慎重に一歩ずつ前だけを見てゆっくり歩いていたら

いきなりケビンが


『舞!!!!!!』


と叫びました。






えっ?と驚いた瞬間、
私の体がふわっと浮いて、次に上から物凄い衝撃が来ました。




突然の暴風。

街中では大したことがない風でも山では命取り。
私ぐらいだと簡単に飛ばされてしまいます。
現にたったひと吹きで私の体は宙に浮きました。



気付いた時にはケビンが私の上に覆いかぶさってくれていました。
もしケビンがいなかったら。。。。。





ケビンはそのまま私に出来るだけ体を低くしろと指示し
その姿勢のまましばらく待つも、風はやむどころか
雪まで降り始め、さらには霧がかかり、1m先も見えなくなってしまいました。



ケビンが慌てて私とケビンを命綱で繋げました。





この時、私は物凄く反省しました。


今回の登山は、あくまでチャレンジ。
それを大前提に話をすすめ、何度も何度も打ち合わせをして今日を迎えました。

だけど、それがチャレンジだろうと登頂するためだろうと、
進むルートは同じなんです。
プロでも難しい場合があると言われているようなルートには変わりないんです。
もちろん危険な場所だってあります。


ガイドのケビンの仕事は、道案内だけじゃない。
私の命も背負ってる。
さっきもとっさに助けてくれて、今は命綱で2人の命はひとつに繋がれている。

私は何てバカな事をしたんだろうと自分に腹が立ちました。
好奇心だけで身の丈に合わない山にチャレンジして、
ガイドを危険な目に合わせる可能性だって大いにあるのに、そんなこと全然考えていなかった。
ケビンと私を繋ぐ命綱を見て初めて気づいた。
こんなに大事なことなのに。
これでもし道連れにされたらたまったもんじゃないよね。


もちろん、チンボラソは難易度も高く特殊な山ですが、そこまで危険性があるわけじゃない。
そこまで調べて申し込みましたが、
登ってみなきゃわからない。
ないとは言い切れない。
だって山で何が起こるかなんて分からない。
『絶対』なんかない。








さらにそのまま10分程待って
ケビン申し訳なさそうに口を開いた。


『舞、これ以上進むのは危険だ。引き返そう。』






情けない話ですが、
ケビンのこの一言を聞いた瞬間




心底ほっとしたんです。



悔しいなんて1ミリもよぎりませんでした。



いつもの私なら
『お願い。もう少しだけ登らせてください。』
ときっとお願いしていたはずです。



だけどもう限界でした。
今回、チンボラソに登るにあたって、それなりにチンボラソについて勉強していましたが、
実際に登るのと文字を追うのは雲泥の差でした。
ここから多少あがいてももうどうにもならないとわかっていました。


それに風に飛ばされそうになってから、崖が何倍も高く見えてしまって、ここに立つ事さえ怖くてしょうがなくなってしまったんです。



このブログで
デカデカと登ると書いておいて本当に情けないですが。





私は頷きました。






ケビンは
『登らせてあげられなくてごめん。
ここは5300mだ。記録に写真を残そう。』



と写真をとってくれました。


20150110073034864.jpg


吹雪!!!





雪が止むのを待ってもう一枚撮ってくれました。





20150110073037293.jpg

この写真をあとから見て思ったんだけど、
もう限界だったんだろうね。





そして私たちは来た道を引き返しはじめました。


後ろにあるチンボラソを見ようと振り返ると
幾つものライトがこちらに向かっているところでした。



風は、標高が高ければ高い程強くなる。
私より上を歩いていた人達のほとんどが、
諦めて下山を決めました。




私と違って、本気で山登りをしている人達。
わざわざチンボラソに登るためだけにエクアドルまで来た人達。

悔しいでしょうね。





3時間かけて山小屋に戻ると
すでに先にリタイアした方達が十数名いました。






結局この日

30人がアタックして

山頂に行けたのはたった4人。



登頂成功して下山して来た人の一人に話を聞くと、
山頂付近は吹雪で目も開けられないうえ向かい風だったからずっと前傾姿勢で飛ばされないよう必死だったそう。
体に雪がまとわりついて最後は雪だるま状態。ヘッドライトさえつかなくなり、吹雪でガイドともはぐれてしまい自力で下山して来たそうです。
ちなみにその方はエベレストやアコンカグアにも登頂し、マッキンリーにも近いうちに登るそうです。





今回、チャレンジしてよかったか?と聞かれれば、
よかったと答えます。


だけどもうしばらく難しい山には登らないと思います。

5000m〜5500m位の山になら登るかもしれないけれど(難易度はもちろん考慮しながら)


『肩書きがかっこいい(山の)』とか
『どうせなら挑戦してみたい』なんて理由だけで無茶な登山をするのはこれが最後。


もしどうしても登りたい山が出てきたら、
ちゃんと段階を踏んでチャレンジするよ。



チャレンジは失敗したけど

人として未熟な部分をはっきりと自覚することができた登山になりました。




って。
まだ高山病が抜けてなくて
ぼーっとする中書いたから
小学生の感想文みたいになっちゃいましたねΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)
すみません。応援してくださった皆様に
とにかく早くご報告したいと思いまして。。。。



大口叩いておいて
山頂にかすりもしない所で尻尾巻いて帰って来ちゃって情けないですが、

とりあえず
無事に戻ってきました!!!



応援ありがとうございました!



寝ます!!!!!!








ランキングに参加しています!
『世界一周バナー』をポチッと押して頂けたら嬉しいです!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
【2015/01/10 07:59】 | リアルタイム | トラックバック(0) | コメント(25) | page top↑
<<旅に別れはつきものだけれど慣れないよね。 | ホーム | 生まれて初めてのヒッチハイクに奮闘。>>
コメント
ご無事でよかったです。
今はゆっくりお休みなさいませ<(_ _)>
【2015/01/10 08:16】 URL | murastoy #-[ 編集] | page top↑
いやぁ生きてて良かった!
ゆっくり休んで下さい(*゚ロ゚)
【2015/01/10 09:19】 URL | ジョン #-[ 編集] | page top↑
とにかく無事で良かった!!
舞々やケビンに何かあって、悲しむような人が出なくて本当に良かった!!
ゆっくり休んでー
【2015/01/10 13:25】 URL | あいこ #-[ 編集] | page top↑
おつかれさんです。

今はゆっくり休んでくださいね。
きっと今日の経験は無駄にはならないはずです。
【2015/01/10 15:12】 URL | パオゾー #-[ 編集] | page top↑
無事で良かったっちただその一言だけやね。
だってもしマイマイになんかあっとったら、なんで全力で止めんやったんやろうっちものすっごい後悔してしまうところやったよ。°(°`ω´ °)°。
ホントに良かったー!
とりあえずゆっくり休んでね!
お疲れ様(*^ω^*)
【2015/01/10 15:43】 URL | あい #-[ 編集] | page top↑
お疲れ様でした!!!
この間ホノルルマラソン終えたばかりで悪天候の中でのアタック。
とってもすごいと思いますo(・ω・´o)(o`・ω・)o
ゆっくり休んでください♡
【2015/01/10 16:51】 URL | 歯磨きウーマン #N6kp4qTg[ 編集] | page top↑
写真の舞さんがすごく限界を迎えてる…!無事に引き返せて良かった。チャレンジしたことだけで十分価値があったと思います!でも心配しちゃう(´・_・`)
世界一周スタートしました!メキシコなうです( ´ ▽ ` )ノ
【2015/01/10 19:26】 URL | まりこ #-[ 編集] | page top↑
久しぶりにコメントします☆

無事で良かったです。
おつかれさまです。

わたしは子供の頃から経験者の父親に連れられて、登山してました。
週末は近くの里山、夏休みの家族旅行は毎年テント背負って4泊5日のアルプス縦走。

父が常に言っていたこと。
「引き返す勇気」
それは1000m足らずの低山も、5000m超えのアルプスでも同じことだと。

山登りはとても面白いですが、命と引き換えにすべきではありません。
キリマンジャロのときと同様に、素晴らしいガイドに恵まれて、本当に良かったです。
引き返す勇気をもってくださって良かった。情けなくなんかないです。
素晴らしい決断だと思いました。

これからの旅もどうぞ、慎重に。
お気を付けて。
【2015/01/10 19:52】 URL | あんころ #-[ 編集] | page top↑
無事でよかったです(*^^*)舞さんの判断は正しかったですよ!お疲れ様でした。今はゆっくり高山病治してくださいね( ´ ▽ ` )ノ
【2015/01/10 20:25】 URL | あおい #-[ 編集] | page top↑
「僕だったら男だし頂上行けそうかな」なんて思いながら読み進めたけど、
写真見て凍りついたよ(゚o゚;)

この角度はやばいね、舗装されたアスファルトと違ってグリップ効かないし
全身を酷使しないといけない体勢が続きそうだし、

ご無事でなにより、体調が少しでも早く万全になりますように(;`・ω・´)
【2015/01/11 03:26】 URL | よっしー #-[ 編集] | page top↑
murastoyさん

ご心配ありがとうございます!!
おかげさまで今はピンピンしています(*´罒`*)
【2015/01/12 06:28】 URL | ☆佐々木舞☆ #-[ 編集] | page top↑
ジョンさん

ありがとうございます( ´ ;ω; ` )
ゆっくり休む間も無く移動したのはいいものの路頭に迷っていますw
【2015/01/12 06:29】 URL | ☆佐々木舞☆ #-[ 編集] | page top↑
あいこさん

心配ありがとうございます( ´ ;ω; ` )
これを機に、あまりにも周りに心配かけてしまう行動はできるだけ控えようと思いました!!できるだけ。
ゆっくり休みたいー!!
いま、バスに乗れなくて知らない街で慌てていますw
【2015/01/12 06:32】 URL | ☆佐々木舞☆ #-[ 編集] | page top↑
パオゾーさん
応援ありがとうございました!!!!
ですね。今回の失敗はちゃんと次から生かしていこうとおもいます!!!
いつも見守ってくださってありがとうございます!!
【2015/01/12 06:35】 URL | ☆佐々木舞☆ #-[ 編集] | page top↑
愛さん

あいさーーーーん!!!心配かけてごめんなさーい(ó﹏ò。)
無事に帰ってきました!!!
今は高山病も取れて体は元気なんですが、いろいろあって知らない街で路頭に迷っています!w

ディズニーいいなぁ。。。
【2015/01/12 06:37】 URL | ☆佐々木舞☆ #-[ 編集] | page top↑
歯磨きウーマンさん

いやー!!全然ダメだった!!!!w
やっぱり身の丈を知ることも大切だね!
応援ありがとう♡
【2015/01/12 06:38】 URL | ☆佐々木舞☆ #-[ 編集] | page top↑
まりこさん

心配かけてしまってごめんなさい(ó﹏ò。)
今回はちょっと反省します(ó﹏ò。)
この顔w
自分で見て笑っちゃいましたw
私、こんな顔するんだー。ってw

世界一周スタートしたんですねー!!!
しかもメキシコ!!
ここからのルーはどんな感じですか!?中米の情報で欲しいことがあれば遠慮なく行ってくださいね♡
とりあえずキューバはぜひ!!!!

気をつけて思いっきり旅楽しんでください♡
【2015/01/12 06:42】 URL | ☆佐々木舞☆ #-[ 編集] | page top↑
あんころさん

お久しぶりですー!
お元気でしたかー!?

あんころさん、登山されていたんですね!しかも小さな頃からアルプスなんて凄い!!

お父様のお言葉、そしてあんころさんのお言葉、今ならスーッと頭に入ってきます。
とても重たくてとても大切なことですよね。

そして、無謀なチャレンジにも関わらずそんな風に言ってくださってありがとうございます。
こうやって見守ってくださる方がいて私は幸せ者です。

あんころさんのお言葉を忘れず、これからも旅をしていこうと思います!
どうもありがとうございます!!!!!
【2015/01/12 06:47】 URL | ☆佐々木舞☆ #-[ 編集] | page top↑
あおいさん

心配かけてしまってごめんなさいヾ(。>﹏<。)ノ゙
おかげさまで無事に下山できました!
高山病もやっと取れたところです!!!

いつも気にかけてくださってありがとうございます( ´ ;ω; ` )
【2015/01/12 06:49】 URL | ☆佐々木舞☆ #-[ 編集] | page top↑
よっしー

これねー、反対側もこの斜面だからめっちゃ怖かった!!!!
しかもこれはかなり緩やかな方。
もう、高所恐怖症だと一回立ち止まっちゃうともう歩けなくなる。
高山病は良くなったけど筋肉痛が。。w
てか!久しぶり!!!!
【2015/01/12 06:59】 URL | ☆佐々木舞☆ #-[ 編集] | page top↑
生きててよかったね!
失神したらそのままお陀仏だよ((((;゚Д゚)))))))
【2015/01/12 07:24】 URL | 全治不能で絶望した野郎 #-[ 編集] | page top↑
ほんとに無事でよかった!!(。>д<)
ブログ読んでたら泣きそうになったょ。。大変だったと思うけど、色んな気付きをくれた貴重な体験になったのはすごくよかったよね!!
【2015/01/13 08:37】 URL | るん #-[ 編集] | page top↑
全治不能で絶望した野郎さん

はじめまして!てかお名前!!!!タイヘン!!
本当ですよねー。失神する前に降りられてよかったですー!!
【2015/01/14 01:29】 URL | ☆佐々木舞☆ #-[ 編集] | page top↑
るんちゃん
久しぶりー!!!元気!?!?
いつも気にかけてくれてありがとね!!!!
これに懲りて山登りはしばらくお預け!!( ´ ;ω; ` )
【2015/01/14 01:58】 URL | ☆佐々木舞☆ #-[ 編集] | page top↑
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2015/05/16 10:29】 | #[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://maimytrip.blog.fc2.com/tb.php/512-f5989da0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。