スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

 
【代旅屋】あべたかしさんへ
ストライキでなんにも出来なかったローマ初日。
この日は大人しく宿に帰り就寝。






そして翌朝。

ドキドキしながらスタッフの方に尋ねる。




舞『ストライキはおわっていますか?:((( °ω° ;))):ドキドキ』









スタッフ『残念だけど今日も絶賛ストライキ中よ。』








ガ━━(゚Д゚;)━━ン!








だけど、不幸中の幸いで、ストライキをやっているのはローマの中心あたりだけらしい。



ローマ市内から外れれば普通に電車もバスも動いているとの事。




てことで、

予定変更!!

ローマ最終日に実行する予定だった

代旅に行きます!!








ランキングに参加しています!
ポチッとご協力お願いします!!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


いつもありがとうございます(´:ω:`)









今回の依頼主は

あべたかしさん!



代旅内容はぁ



天空都市、オルビエートに行っちゃいなよ!


ですw






あべさん、行ってきましたよ!!!

めたんこよかったです!!






まずは、オルビエートのご説明。


これが、天空都市オルビエートです!!

↓↓↓

20140115074204f6b.jpg





雲がおりてきた日なんて。。。。。。



こんなん!!!!

201401150742072b9.jpg
✳︎ネットから拝借。






ね?
面白そうでしょ?(✧∀✧)



まずはこのオルビエートについてのご説明。


オルビエートは

『世界一美しい丘上都市』

『要塞都市』

『天空都市』



と呼ばれている、イタリア、テルニの丘の上にある小さな街です!
日本ではまだまだ、あまり知られていませんが、実は世界的には有名で、
『世界有数の美しい街』と言われています。

かつては教皇の隠れ家として栄えたこの街は、街並みがとても美しく、今でもその美しさ、中世の面影がよく残っています!
あのジブリ映画『天空の城ラピュタ』のモデルになった街。という説もあります!



詳しくはこの後
写真を見ながらご紹介します(*´╰╯`๓)






それではしゅっぱーつ♡



行き方は簡単!
ローマ駅からオルビエート駅行きの電車が出ています!
間隔は一時間に一本位!
所要時間は1時間15分です!






いつものように電車に乗ったら速攻爆睡。
気付いたらオルビエート駅でしたw




20140115080051cee.jpg





そして!!





顔を上げるといきなり目に飛びこんできました!!


2014011508005334b.jpg



おぉ!!!!!(✧∀✧)
目の前はガソリンスタンドがあったり、お店が並んだりと普通の景色なのに、
すぐ上にはまるで大昔にタイムスリップしたような要塞が!!
なんか異様な光景というか。。。。
この違和感がちょっと怖いというか。。。。
なんだか、見たことない風景!!!ドキドキする!!
早くうえに行きたい!!!







だけど!!


あべさん、すみません。ちょっと寄り道してもいいですか?




このオルビエートを調べているうちに、もうひとつ面白い街を見つけちゃったんです。

しかもその街、唯一近くまで行くバスの発着場所が、このオルビエート駅なんです!!



どんな街かみてくれます??












ここです!!

20140115074207f1d.jpg


チビタ・ディ・バニョレッジョ!!!




どうですか??

ワクワクしませんか?ヾ(*´∀`*)ノ

オルビエートのこと調べている時にたまたまこの写真見つけた時は、


キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!


ってなりましたね。

絶対行きたいー!!!!ってw



ちなみにこの街は、
今から2500年以上前にエトルリア人によってつくられたそうです!
風や雨によって浸食した土地は「陸の孤島」となり、細く長い橋を渡ってしか町にたどり着くことができません。

この町は別名「死に行く町」「滅び行く町」と云われ、町の入り口の道路標識にもイタリア語で「il paese che muore(死に行く町)」としっかり書いてあるそうです。

現在、住人はたったの20人!

町へ入るには300メートル以上の橋を延々と歩いて行かなければならず、不便さからも町中には数家族しか住んでいません。40年前にはこの橋をロバで食料や生活用品を運んでいて、今はオートバイがロバのかわりを果たしているそうです!




こんな街があったなんて!!


何が何でも行かねば!!!






オルビエート駅についてすぐにインフォメーションへ。

チビタ・ディ・バニョレッジョ行きのバス停の場所を聞きます。


舞『チビタ・ディ・バニョレッジョに行きたいんですけど。゜+.(・∀・)゜+.゜ワクワク』















スタッフ『チビタ・ディ・バニョレッジョ行きのバスは

今日一日限りのストライキ中です。









(゚Д゚) ハア??









そんなバカな!!!!




ピンポイントすぎるやろおおぉぉぉおお(つД`)ノ








嘘でしょ。嘘って言って。。。。(つД`)ノ





でもここまで来たら諦めきれない。

だって、チビタ・ディ・バニョレッジョなんて街、
今まで、その存在すら知らなかった。
でも運命的に見つけることが出来た。

そして調べれば調べるほど私の好奇心は大きくなった。

なにより、こんな街外れ、世界一周中の今しかきっと来るチャンスない!!!

てことはこの瞬間がきっとラストチャンス!!




私は何かを決意かのような面持ちで
タクシー乗り場へと急いだ。




そして止まっているタクシーに勢い良く乗り込み行き先を告げる。






運転手さん『片道60ユーロくらいだね』

















私はこの旅一番と言っても過言ではない俊敏な動きで

タクシーを降りた。


















そんな金額払えるかーい!!!!!








てことであべさん、話はオリブエートに戻ります。





オルビエートへの行き方は、オリブエート駅から出ている

ロープウェイのみ。

かわりやすくて楽チン♡



気を取り直してロープウェイ乗り場へ。

































あ。
この行間で何かを悟ったあなたは、
相当勘がいいか
私のブログを熟読してくれているかのどちらかですね。




























佐々木舞、人生初体験!!



ロープウェイのストライキに遭遇。







無意識に自分の背後に視線をやる。
もしかしたら『ストライキ』が私の後ろをついてきてるんじゃないか。

こうやって文字にしたらアホみたいな話だけど、この時は本気でそう思いながら背後を確認した。


残念ながら『ストライキ』の姿は確認できなかったけど、奴は確実に私につきまとっている。





再びインフォメーションへ戻りオルビエートへの他の行き方を聞くと

観光地料金で少し高いけどタクシーだったらいけるんだって。





乗りますよ。タクシー。

15分位で到着して13ユーロ。痛い(つД`)ノ






でも、


ついた瞬間、そんなの吹っ飛びました!!!



だって!!






いきなり大きな城壁!!!!
迫力!!!!

20140115084507233.jpg


20140115084505592.jpg


2014011508450356c.jpg


20140115084500fef.jpg








そしてそこから見渡すことができる
一面のオリーブ畑と、町並み!

20140115084634522.jpg


20140115084631465.jpg







ね!?!?


まだオルビエートの街の中に入っていないのにすでに感動!!!





オルビエートには、この城壁もあちこちにある門をくぐって入ります。







オルビエートは結構広いです。

2014011508500663e.jpg








街並みはこんな感じ!

20140115085127cf9.jpg


20140115092534058.jpg


20140115085127409.jpg


201401150851265eb.jpg



石畳の道に、レンガ作りの建物がかわゆい.(*♡´◡` 人´◡` ♡*)゚♡






焼き物が特産品らしく、
あちこちに華やかな焼き物屋さんがありましたよ!

20140115085335077.jpg

短期旅行だったら買いたかったなぁ。。。。







で!!

一番目を引いたのが。。。。。


ドゥオーモ!!!

20140115085009ea7.jpg


201401150850108bc.jpg


20140115085012fde.jpg

大きすぎて画面に収まりきれない!!!!



13世紀から3世紀にわたって建設されたオルヴィエートのドゥオーモは

なんと!!!

33人の建築家と

152人の彫刻家、

68人の画家、

90人のモザイク師
の手によって作られたそうです!!

芸術家だけで

343人!!!

鮮やかなモザイクで飾られたファサードはいつまで見ていても飽きないほど見事!!!
3枚のブロンズの扉は、20世紀を代表する彫刻家エミリオ・グレコによるものです!



これまで沢山の、ドゥオーモ、カテドラル、教会を見てきたけど、
オルビエートのドゥオーモの華やかさ、装飾の繊細さは群を抜いていました!!







もちろんその他にもオルビエートには見所がいっぱい!!
ドゥオーモのある広場を囲むように
博物館や資料館、当時ドゥオーモの建設に携わった芸術家達の住まいなどが並びます!

20140115090633c74.jpg


20140115090632eee.jpg


201401150906309ad.jpg


が、この辺は時間がないので外から眺めるだけ!!
あべさん、ごめんなさい(つД`)ノ








オルビエートは洞窟も有名みたいで、洞窟探検ツアーなんかもありましたよ!
私は時間があわなかったので、洞窟博物館へ。


当時使われた洞窟がそのままの形でのこっています。
この洞窟は住まいだったみたいです!





ここは焼き物などの収納部屋。

20140115091020091.jpg






失敗した焼き物を捨てる穴。

2014011509100626b.jpg







ゴミ捨て場。かなーり高さがありました!

20140115091004ec1.jpg







通路。

20140115091004732.jpg









お酒を作る部屋。

20140115091003779.jpg








地上へと続く通路。

20140115091001f0c.jpg


他にも5つくらいエリアがあって結構広い!!!探検気分で楽しかったですよー(*´╰╯`๓)














最後は
街の中心にある時計台、モーロの塔へ。

20140115091546c27.jpg




ここは展望台にもなっていて、街並みを一望出来ます。

20140115091548727.jpg




頂上には大きな鐘が。

20140115091541390.jpg






そしてこれがオルビエート。

2014011509154502e.jpg

この全体的に暗い色で統一された屋根や建物が、より一層オルビエートを神秘的に映します。










オルビエートは
なんだか、少し異次元のような、

違う時代、街にタイムスリップしたような

不思議な空気に包まれた街でした。







あべさん、

少しはオルビエートの事伝わりましたでしょうか?





そして読んでくださった皆様が、少しでも楽しんで頂けたらすごーく嬉しいです♡




私はめちゃくちゃ楽しかったです!!!w





以上代旅屋でしたヽ( ・∀・)ノ





皆様からの代旅依頼お待ちしています♡

ただいま募集している国は



イスラエル、ヨルダン、エジプト

でっす!!!





それでは、今日もお付き合いありがとうございました.(*♡´◡` 人´◡` ♡*)゚♡






ランキングに参加しています!!!
ポチッと応援して頂けたらめたんこ喜びますw

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
【2014/01/15 09:37】 | 代旅屋 | トラックバック(0) | コメント(16) | page top↑
<<今日はただのつぶやきです! | ホーム | ローマが休日>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2014/01/15 11:03】 | #[ 編集] | page top↑
前日のローマのストで運を使い果たしたのかと思ったら、まだ残ってたんですねwww

それにしても、下に霧がかかってる写真、ホントに天空都市ですね!すごい幻想的!ここ、泊れないんですかね?こんな街に泊ってみたいです。
【2014/01/15 11:07】 URL | BB #PSnYe7JY[ 編集] | page top↑
むふふ。チビタはオルビエートのハイライトとも言える場所だからねー。オルビエートを調べた時点で絶対興味出るだろうと思ったから内緒にしてましたよ。

ちなみにオルビエートではトリュフを使ったパスタとか肉料理とかがめちゃくちゃ安く食べられるんですよー。そこまでは調べ切れなかったかな?もう一度食べたいなー。

あー、あべたかし意地悪だなー。
【2014/01/15 11:45】 URL | あべたかし #-[ 編集] | page top↑
死海でプカプカ。
紅海でスキューバ。
楽しみにしてます。
【2014/01/15 12:03】 URL | オスズ #icYQ1SY.[ 編集] | page top↑
90人のモザイク師について、

もう少し詳しく教えてくれるかな(`・ω・´)?
【2014/01/15 12:32】 URL | よっしー #-[ 編集] | page top↑
こんな表現しかできない自分がイヤになっちゃうんだけれど…
なんかドラクエの世界みたーいヽ(。・ω・。)ノ
勇者マイマイの冒険は、見えない敵がいっぱい現れるよねー
【2014/01/15 17:52】 URL | あいこ #-[ 編集] | page top↑
私もオルビエートもチビタも2010年の
ツァー旅行で行ってきたよ!
チビタは本当に小さな村で
自分でオリーブ油を作っているという
お店でオリーブ油を買おうと思って行ったら、もうクローズしていたり・・・本当に天空の村という感じでした。
それに比べるとオルビエートはもっと普通の町でレストランやお土産物やさんもたくさんあって、楽しい町でした。
こんな町で一泊したいと思いました。
また時間のあるときに
オルビエートの記事・・・
http://aichanmama.exblog.jp/14899715/
とチビタの記事をアップしているので見に来てね!
http://aichanmama.exblog.jp/14892360/
オルビエートの安くて美味しいワインは感激ものでした!
イタリアのワイン、安くて美味しくて大好きです。
【2014/01/17 10:23】 URL | 愛ちゃんママ #lMBqkpAs[ 編集] | page top↑
BBさん

ちょっw
途中なんかおかしいのあるwww

むりーーー!!!!私へなちょこだからむりーーーーー!!!!
【2014/01/18 02:58】 URL | ☆佐々木舞☆ #-[ 編集] | page top↑
BBさん

泊まれるみたいですよー!!!
ただ、なかなかのお値段みたいです。・゜・(ノД`)・゜・。
【2014/01/18 03:00】 URL | ☆佐々木舞☆ #-[ 編集] | page top↑
あべたかしさん

たべたかったんですがq、途中小走りするくらい弾丸だったんでいけなかったです!!
【2014/01/19 10:39】 URL | ☆佐々木舞☆ #-[ 編集] | page top↑
オスズさん

わー!!お久しぶりですー!(*´罒`*)
ご依頼ありがとうございます!
明日いってきまぁす(*´╰╯`๓)
【2014/01/19 10:40】 URL | ☆佐々木舞☆ #-[ 編集] | page top↑
よっしー

この人は確実に
重大な勘違いをしている。




不覚にもめっちゃ笑ったw
【2014/01/19 10:41】 URL | ☆佐々木舞☆ #-[ 編集] | page top↑
あいこさん

あ。


私も同じこと思いましたw
ドラクエっぽいまち、結構あるんですよー!!

もう、敵だらけでそろそろHPなくなりそうですw
【2014/01/19 10:43】 URL | ☆佐々木舞☆ #-[ 編集] | page top↑
愛ちゃんママさん

チビタ行かれたんですか!?!?
羨ましいですー!!!
ワインお好きなんですか??

私はぜんっぜんお酒が飲めないので、各地で美味しそうにお酒を飲む旅人を見ていると凄く楽しそうで。。。。。
早くわの良さがわかるようになりたいです!
【2014/01/19 10:46】 URL | ☆佐々木舞☆ #-[ 編集] | page top↑
今日新聞を読んでたら、このオルビエート観光が付いた、イタリア旅行の広告が載ってました。
内容は、福岡発着で、オルビエートに2泊。さらに、ミラノ、フィレンツェ、おまけにチビタ観光が付いて、5泊7日の日程で回るというものです。
ただ、このツアーの参加費用は、5泊7日で、約51万~56万円と、決して参加しやすい値段とはいえないものの、今回紹介した、オルビエートの美しい景色を見てると、その高い費用を払ってでも、行きたい気にさせてくれます。
【2014/02/07 01:54】 URL | 謎の広東人 #.ezy.Mq.[ 編集] | page top↑
> 広東人さん
>
> たっかー!!!!!
> 自分で航空券取って行ったら半分以下の金額で行けますw
【2014/02/08 03:46】 URL | ☆佐々木舞☆ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://maimytrip.blog.fc2.com/tb.php/232-f4fce5a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。